ギター 練習場所 カラオケボックス

アコースティックギターと歌がメインなら
練習場所としてカラオケボックスもアリです。

安いし防音だし。
練習スタジオ借りるより
安価ですからね。

しかも借りられる時間も長い。
ドリンクやお菓子が付く場合もあるし。

カラオケボックスによっては
Wi-Fi接続できるのもある。

YouTubeで曲を確認したり
ちょっとした調べ物も
携帯回線使わずにできます。

エレキでもこんなアンプを持って行けば
マンションとかアパートよりは
大きい音で弾けるんじゃないでしょうか。



おすすめですよ。

ギター 練習用

たまに練習用のギターと
本番用(ライブ用)で
分けている人がいます。

私にはよく意味がわかりません。

ライブで使用するギターで
練習しないと、体になじまないです。

だから分けないほうが良いと思っています。
まあ、あんまりいないと思いますけどね。

アンプなら練習用アンプは
かなりおすすめです。

自宅ではとてもじゃないですが
ライブハウスやスタジオと
同等の音量は出せません。

私、個人的には
アンプはチューブアンプが好みです。
真空管アンプですね。

チューブアンプは
音量の大小で音色が変わるのが魅力。

だから、ある程度大きな音を出さないと
魅力が半減します。

そこを解決してくれるのが
小型のチューブアンプ。

日本の住宅事情をよく考えた
チューブアンプと言えますね。

これらはアメリカ市場より
圧倒的に日本市場でしょう。

例えばこのLaney。

laney_cub12ra_la_R.jpg

出力を15Wと1Wで切り替えできます。
リバーブもしっかりついてますし。

こんな小型で1Wなのに
しっかりチューブな音がします。

これ設計したエンジニアには
本当に恐れ入りますって感じですね。

Laneyのベストセラーなんじゃないでしょうか。
日本市場に限定した場合ですが。

エフェクトが欲しければ
アンプをクリーンにして
GT-1000(過去記事)を接続すれば
十分楽しめますね。

音はこんな感じです。
デビッド・ボウイのメドレーに乗せて。
Bowie Style Medley

ギター 練習 機材

日本は住宅事情があり
なかなかアンプを鳴らして
ギターの練習ができません。

周りが山とか
別荘地で周りに住民がいないとか

そんな環境でないと
フルチューブの15Wですら
最高音量を出すことはできません。
(できるけど、ソッコーで苦情)

なので、昼間でも夜間でも
エレキギターの練習はヘッドホンが必須。
生楽器でなければある程度は
機材でなんとかなります。



私は自宅練習の時には
マルチエフェクター+ヘッドホン
で練習しています。

エレキだと生音練習はダメですね。
良く聞こえなくて
右手に力が入ってしまいます。

エレキは結局、アンプを通してなんぼだし
ライブでもレコーディングでも
アンプ使用が必須というか当たり前。

なので、そういった状態での練習が一番よいです。



昔、エレキは生音で練習しなきゃダメだ!
なんていうのを聞いたことがあって
しばらくそういう練習をしたこともあります。

結果、得られたのは以下2点。

右手の力を抜くことができなくなり
速く弾くことが難しくなったこと。

力の加減で、音の強弱をつけるのが
とても下手になってしまったこと。

はっきり言って改悪でしたね。
今は絶対やりません。



運指の練習でアンプにつながず
練習することはありますが

曲の練習とか弾き方の練習では
必ずヘッドホンで聞くようにしています。

理想はアンプで音を出したほうが
いいと思いますけどね。

私が使っている
マルチエフェクターとヘッドホンは
こちらです。

BOSS GT-1

BOSS GT-1 Guitar Effects Processor マルチエフェクター ボス




自宅練習ならこれで十分です。

ライブでも使えますが
ライブなら最近発売した
GT-1000がいいですね。

BOSS / GT-1000 Guitar Effects Processor ボス マルチエフェクター




こちらのほうがステージ上で
エフェクトの切り替えがしやすいです。
(値段はかなりしますが)


SONY MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST




テレビなどでよく見かけるやつです。

レコーディング風景や
芸能人がヘッドホンしているとき
大体はこのMDR-CD900STです。

プロ仕様のモニターヘッドホンです。

高音~低音にクセがないので
素直な音がでます。

逆にフラットすぎるので
音楽を聴くのに低音欲しいとか
高音の抜けが欲しいとか
そういう好みがあるなら
おすすめしません。

あくまでモニターヘッドホンで
オーディオ用ヘッドホンではありません。

マルチエフェクターの音を
モニターするのに
ヘッドホン自体にクセがあると
アンプで出力したときに
イメージが変わってしまいます。

そうするとセッティングが
大幅に変わってしまうので
このヘッドホンは重宝してます。



アコースティックギターの場合は
こんなグッズを使って
少し手も音を抑えたいものです。

サイレントピックSilent pick

サイレントピック SP-3 「アコギの音が小さく鳴るピック」 騒音対策に




ブリッジ側に付ける弱音器



サウンドホールに取り付けるPlanet waves PWSH01

Planet Waves by D'Addario プラネットウェーブス フィードバックマネージャー PW-SH-01 Screeching Halt 【国内正規品】




だけど、↑を使って弾いても
全く気持ちよくないので
あくまで運指とかストロークの練習
というノリですね。

私は弱音器のGRAND GUITARを使っています。